おじラン/50代男の生活は走る

50代のおじさんが人生をあれこれ考えつつ、走り続ける記録。 練習やグッズのレビュー、レースレポなど

ボストロール狩りとリベンジ!5kmタイムトライアル

今日の朝の散歩で、ドラゴンクエストウォークをウォークモードでプレイしていたのですが、散歩中にSの直ドロップ!

f:id:ojirun:20201003120502j:image

これでSのこころは3個になりました。

 さぁ、今日も頑張ってみましょう。

今日は、数時間おきに細々した予定が入り、何かドド~んと遠出して走ることができなかったので、ちょっとづつ近所を走ってみました。

 ボストロール狩り

 今日は、以前、途中で挫折した5kmのタイムトライアル(以下「TT」)にチャレンジする予定でいました。

 TTを、なるべくいい条件で走るため、夜になって涼しくなり、いつものランニングコースに、散歩する人とか農作業をする人達が、全くいなくなると見込まれる20時以降にトライすることとしました。

ojirun.hatenablog.com

 それまでは、あまり脚を酷使したくなかったので、昼間はダラダラと近所のボストロール狩りをすることにしました。

練習の結果その1

結果はこれ

f:id:ojirun:20201003165759p:plain

f:id:ojirun:20201003165346p:image

まぁ、ダラダラと走ってみました。 

やっぱり、ボストロールのこころを落とす確率は低いのか?

f:id:ojirun:20201003165331j:image

ボストロール15匹に対してこころが3つ。しかも全部D。かなり低調です。

確率20%、今日も確率はかなり悪いです。

 

まぁ、今朝もSを直ドロでGetしましたので、ブツブツ文句を言ってはいけないのですが・・・ 

5kmTT 

5km走のタイムとマラソンタイムには、高い相関関係にあると言われています。

サブ3.5を狙うなら22分以内が目安とされています。

思い起こせば2年前の2018年。このシーズンは出場した全レースがサブ3.5というレースで、その年の5kmの自己ベストが21分3秒でした。

 

なので、私は、5kmTTはフルマラソンにおいて、今の自分の走力を知る、もっとも信頼度の高い指標と考えています。

 

ちなみに2019年は坐骨神経痛と左足を負傷、それと仕事が尋常でないぐらい忙しかったため、5kmTTはやっていません。

 

なので、タイムトライアルをするのも2年ぶり、ということになります。2018年9月28日に行った5kmTTの記録は21分8秒。

やはり、22分は切りたいところです。

5kmTTの結果は

結果はこれ。

f:id:ojirun:20201003221625p:plain

f:id:ojirun:20201003210005p:plain

前回の反省から、序盤で力を出さないように気を付けたのですが、最速を記録したのはスタート直後ですね。

4kmまでは、前回みたいに途中で潰れないように、ちょっとここはペースを抑え、走りました。息苦しいけど、呼吸はできる。そんな感じです。

そして、最後の1kmに全部出し切ってゴール!

今回は、5km完走できました。

で、肝心の5kmの記録は

f:id:ojirun:20201003221953p:plain

21分21秒!

おお~!なんか首の皮一枚、つながったぁ~って感じです。

もし、今年が普通の年なら、これで弾みをつけて、12月の加古川ラソンに向けて気持ちも新たに練習を開始していたところでしょう。

 2020年、最後の希望はとくしまマラソン2021

しかし、2020年、今年はレースがありません。 

最後の希望は、とくしまマラソンで、規模を縮小して開催するかを、来月初旬の時点で、新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、決定することとなっています。

でも、正直どうなのでしょう。

するとなっても通常の3分の1の5000人で、しかも抽選です。

「開催」という壁と「抽選」という壁の2つの壁を乗り越えないと出場できないので、引きの悪い(運の無い)私には、ちょっと難しいかもです。

 

レースがないとなると、サブ3.5のための練習って必要なのだろうか。

健康のためなら、キロ6分で、せいぜい10kmも走れば十分なのではないだろうか。

シーズンを迎えた今、ちょっとランとの向き合い方を改めて考えてしまいます。

 

 

 

プライバシーポリシー