おじラン/50代男の生活は走る

50代のおじさんが人生をあれこれ考えつつ、走り続ける記録。 練習やグッズのレビュー、レースレポなど

秋が来る前に~夏の疲れを抜く

近所の田んぼでも稲刈りが始まっています。

朝、起きて窓を開けると、秋の朝を感じさせる、涼しい風が入ってくるようになりました。

もう、秋は目の前ですね。

f:id:ojirun:20200826231214j:plain

夏の疲れの正体は

同じ強度で、同じ負担で走っても、夏は疲れがたまりやすい。

暑い中、紫外線に浴びながら走ると、冬場にない、そして、走力アップに一切関与しない、無駄な疲れが体に溜まります。

 

日常生活においても、外は多湿で高温でありながら、屋内に入れば、急に10度近く急な温度変化にさらされる。これじゃ、自律神経もおかしくなる。

食欲は低下し、冷たい食べ物や飲み物を摂取することで、内蔵も疲労していく。

 

疲れているので、ガッツリ風呂につかる気力も失せて、シャワーをさっと浴びてベッドにはいっても、連日連夜の熱帯夜で、深く眠れない。

 

それがお盆を過ぎて、秋の訪れと共に、ドッとでてくる。

そう、今の私がそういう状態です。

疲れを取るには

疲れを取るには、栄養バランスのとれた食事を摂って、ゆっくりお風呂に入って・・・となります。

 

が、やはり一番は「寝る」ことだと思います。

 

そういうことで、今日はえらく短いですが、もう寝ます。でも、今から寝ても、睡眠時間は5時間そこそこなんだよな~

 

 

プライバシーポリシー