おじラン/50代男の生活は走る

50代のおじさんが人生をあれこれ考えつつ、走り続ける記録。 練習やグッズのレビュー、レースレポなど

ラン×スマ - 2019.09.01

BS1で「ラン×スマ」という番組が水曜21時からやっている。

毎週水曜日というより、隔週(というより不定期に近い)で放送している。が、これがまた面白くない。こたえは簡単だ。情報番組として終わっているのだ。

面白くない理由

番組の基本的な構成は、

  1. レギュラーメンバーが大会に挑むが、スタミナ不足など、なんらかの課題がある。
  2. その課題を、金哲彦、真鍋未央といった、番組レギュラーコーチが指導する。

続く3として、普通の情報番組では「指導を実践し、練習の末クリアする。」だ。

だから、その指導内容が情報として価値をもつし、それを伝える意義がでてくる。

 

しかし、この番組では、ほぼ失敗する。原因はいろいろあると思うが、まずは、レギュラーメンバーがきちんと練習してないのだと思う。

テレビに出演することが仕事であって、マラソンが速くなることを仕事だと思っていない、という感じがする。

失敗するので、コーチが伝授する練習方法も全く説得力がなくなる。ただでさえ、金さんと真鍋さんの指導は、入門書レベルというか、マラソン大会前日に開催しているランニングイベントで開かれる「〇〇ランニング教室」程度の内容だ。

そんな情報で、しかも失敗する。この番組からどんな情報を得ろ、というのだろうか。

面白くない理由 その2

いつまで経っても速くならない、そのくせ偉そうな、今は主演していない田村亮

いつまで経っても速くならない、その2、秋元才加

秋元の後任の鈴木奈々は、いつものバラエティーのノリで、繰り返しとオウム返しと声量という、情報量0のトークで場をつなぐだけ。彼女がレギュラーになって以後、彼女のうるささで、役に立たない情報すら、伝わらなくなってきている。

レギュラータレント陣の人選ミスは否めない。

ガチゆる走の衝撃

そんなランスマにあって、筑波大学教授 鍋倉賢治氏が提唱するガチ・ユル走を取り上げた2017年2月放送の「ランニングを科学する!~ガチ・ユル走で持久力アップ~」と同年4月放送の「ガチ・ユル走でフルに挑む!~鳥取ラソン~」は、きっちり結果をだしたので、とても記憶に残っています。

なので、私の周りでも「ガチ・ユル」はLSDやインターバル走と同様に普通に練習メニューとして市民権を得ています。それぐらい衝撃がありました。

その後、何回か鍋倉教授と番組内で彼の愛弟子的位置にいる高樹リサさんがタッグを組む訳ですが、

ameblo.jp

夏場の、しかも過酷な激坂レースばかりをあてがわれ、撃沈する回が続いています。

なんか、成果をだせないレギュラー陣の陰謀のにおいすらしてきます。

 

なんか、長くなったので止めます。

同じBS1の番組でチャリダーというのがあります。

www4.nhk.or.jp

同じぐらいの予算だろうに、この仕上がりの違いは何?というぐらいこちらは面白い。

面白くない最大の原因は、番組の作り手の資質なのかなぁ・・・

 

なんやかんや言っても、きちんと毎回、番組はチェックしているんだけどね。

 

これ読んでみてね。 

 結果を出している鍋倉賢治教授の本。私も読んでます。

オマケ~現在使用中のもの(ランニング編)~

私が日ごろ使用しているグッズなどを、掲載時での感想をつづります。買うときの参考にしてみてください。

 

GARMIN ForeAthlete 935

ランニングウオッチはこちら

未だ現役。すでに後継機の945が発売済みですが、935から945の変更で魅力的だったのはナビ機能だけだったので、乗り換えず955を待つ日々。しかし、最近945は血中酸素レベルが測定できることを知り、悩み始める。

CASIO MOTION SENSOR CMT-S20R-AS

ランニングフォームを計測するセンサー。腰につけて走ります。

計測結果は、専用のアプリが必要。

さすがカシオとアシックス!という出来栄えです。

計測したデータを基に、走り方を再現した動画が作成され、一言コメントが付くのですが、これが効果的。自分の走りを客観視し、簡潔なコメントを意識しつつ走ると、短期間に劇的にフォームが改善されます(実際にどうかは分かりませんが、スコアはアップしました)。

練習量の割に故障せず、練習を続けられているのは、フォームが改善された結果であり、それはこのモーションセンサーのおかげかな、と思っています。

VAAM

ポイント練習、特に長距離とか長時間走る時に使ってます。

気分だけでなく、明らかに違いを感じる数少ないサプリメントです。

グリコ パワープロダクション エキストラ オキシドライブ

レースの2か月ぐらい前から摂り始めるのがこのサプリ。

パプリカキサントフィルという色素がどもいいらしい。

「オキシ」と名に冠しているいるだけあって、1月ぐらい飲み続けると、酸素の摂取能力が一段階、上がる感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー